日本人に合う青汁

日本人に合う青汁

青汁で日本人にもなじみやすい原料を選ぶなら、日本原産の明日葉を選ぶと良いでしょう。昔から日本に自生する植物で、私たちも旬の時期には天ぷらなどに調理して食べてきました。日本原産だからこそ日本人にも馴染みやすく、爽やかな香りが美味しいと感じる人もいます。

 

■ 明日葉の産地
八丈島など暖かい地方が原産地です。古くから食用にされてきた植物で、江戸時代にも親しまれていたといわれています。しかし、鮮度が落ちやすいため地方へはあまり出荷されず、その地域の人たちに馴染みが深い野菜といえます。一部の人で食べたことが無い方は、明日葉の独特の香りや味は苦手な人もいるようです。

 

■ 明日葉は春の味覚
明日葉の旬は春で、2月〜5月ごろです。葉を摘んでも明日にはもう目が出ることから、明日葉という名前で呼ばれています。生命力がとても強く、春の季節には冬に不足した栄養を補給する野菜として活用されてきました。

 

■ 油との相性が良い
明日葉は天ぷらとしてよく食べられています。油との相性が良く、独特のクセは揚げると爽やかな風味となります。明日葉の青汁を飲む場合、食前に飲んでおいて、食事の油と組み合わせる方法もおすすめです。明日葉100%の青汁は好む人は好む味なのです。