製造方法で比較

製造方法で比較

青汁は健康食品ですから信頼できるメーカーの商品を選びたいものです。有名メーカーでは製造方法に特許を取得しており、他の青汁より飲みやすさにこだわっているところもあります。

 

■ ビタミンを壊さない
青汁には多くのビタミンが含まれています。ビタミン類は熱に弱いものが多いため、できるだけ熱を加えない製造方法が求められます。低温乾燥させるフリーズドライ製法を選ぶと、ビタミンCの損失が少なくなります。

 

■ 液体を選ぶ
粉末にする際には低温乾燥でも必ず多少なり熱を加えます。青汁そのものの栄養を摂取するには、液体タイプのほうが損失が少ない可能性があります。しかし生の青汁も時間とともにビタミンが劣化しやすいため、冷凍保存方法もチェックする必要があります。

 

■ 粉末は飲みやすい
液体と粉末の青汁で比較すると、粉末に加工した青汁のほうが飲みやすさがよいものが多くなっています。各メーカーでも舌で感じる味を調節しているためで、生の青汁が苦手な方は粉末タイプをおすすめします。

 

■ 顆粒タイプ
液体の青汁をそのまま乾燥させ顆粒状にしたものです。簡単に製造できるため小さな青汁会社でも飲みやすい商品が売られていることがあります。多くのメーカーで採用しています。